ドライマウス

口の中の粘膜が乾燥する病気ですが、どなたにも2日酔いの朝や風邪をひいて鼻がつまった時や、緊張した時にお口の中がカラカラになるという経験があると思います。

当然これらの口腔乾燥は病気ではありません。
ドライマウスというのは、唾液の分泌能力が障害されて唾液量が極端に少なくなって様々な症状が出ることを言います。
しゃべりにくい、のみこみにくいから始まり口中の粘膜や舌に傷つき、痛みを感じるようになることもあります。

歯と歯肉の健康は唾液の保護機能により多大な影響を受けていますので唾液の減少は虫歯や歯周病を発生する原因となってしまいます。

歯科の立場からも口腔乾燥に関しては深刻に取組んでいます。加齢とともに唾液分泌量が低下するため、近年唾液にかわる成分の配合されたマウスウォッシュなども続々開発されています。

かぜひきに要注意

正常な状態でも睡眠時の唾液分泌は減少します。
風邪薬を飲んで寝ると薬の副作用でさらに唾液は減少し、又、寝汗をかいて全身の脱水と鼻づまりのための口呼吸で口腔乾燥はピークに達してしまいます。

ドライマウスにはこんな症状があります。

  • 会話がしにくい。
  • 食事が食べづらい。
  • 食べ物を飲み込みにくい。
  • 味覚の減退、味覚が無くなる。
  • 虫歯の増加。歯周病の悪化。
  • 唾液がベタベタする。ネバつく、泡立つ。
  • 入れ歯の違和感や不適合、疹痛。
  • カンジダ症などの2次感染にかかりやすい。

これがドライマウスの主な原因です。

  • 薬剤による唾液分泌低下
  • ストレス
  • 脱水(水分摂取不足・出血・下痢・嘔吐など)
  • 乾燥した室内環境 口呼吸
  • 生活習慣や年齢に関連した唾液分泌量の減少
  • 唾液腺の損傷(シェーグレン症候群・外傷など)

ドライマウスを起こす薬剤があります。

  • 降圧剤、抗うつ剤、精神安定剤、催眠剤、抗アレルギー剤、抗コリン剤など、抗分泌作用と関連する薬剤など
  • 体液の減少を促進させる薬剤
  • 利尿作用のある薬剤

ドライマウスの治療について

当院では、患者さまのお口の状況、ドライマウスの症状について詳しくチェックし、ドライマウスの対処療法を提案させて頂きます。


ご予約・お問合せ

▼ご予約やお問合せは、お電話にて承ります。

TEL:092-807-2588

TEL:092-807-2588



  • このエントリーをはてなブックマークに追加