口臭治療

「お父さん口臭い」って言われたことありませんか?

口臭治療
お口の中には200種類以上、数十億ものバクテリアが存在しており、少量の酸素下でも生息できる嫌気性菌が酸素を運ぶ唾液の不足で過剰になり口臭が強くなるので、バクテリアが臭気を出せない環境づくりが口臭予防の課題となります。

①バクテリアに餌を与えない
②酸素を口内にたっぷり送り込む
③唾液でうるおわせ口内をかわかさない


①~③がポイントです。

口臭治療

自分の口臭や他人の口臭が気になったことありませんか?

こんな時口臭が出やすいと言われています。

  • 朝起きたときや食べ物のカスが口の中に残っている時
  • 長時間飲食していない時(空腹時)
  • 緊張やストレスを強く感じた時
  • 口呼吸をしている時
  • 舌が汚れている時

歯並びが悪かったり、かぶせた物やつめた物と歯の間にすき間があれば歯石や歯垢がたまりやすく、またお口の中にある金属は電流発生の恐れがあり、食べカスや歯垢が吸着しやすくなります。
朝起きた時、空腹時、ストレスや緊張などにより唾液が減少すると、唾液の殺菌作用や洗浄作用が下がり、口臭を強く発するようになります。また臭いの強い食べ物(にんにく、お酒)による口臭は臭い成分が胃腸から肺へ、肺から呼気へ運ばれることにより発生するものです。

口臭は生活のリズムに対応して、臭いが強くなったり弱くなったりしています。

↓

生活習慣を正し、口臭を相手の臭覚に届かない強さにコントロールすることができます。

口臭を防ぐ対策ポイント

  • 丁寧な歯みがきと歯ぐきマッサージを行う。
  • 長時間飲食しないときは、水やお茶を時々飲む。または、舌運動で唾液を出す努力をする。
  • 舌の汚れを取る。(週1回位は舌ブラシを使用)
以上の生理的な口臭原因と病的な口臭もあります。病的な口臭の原因となるものには

1.歯周病 歯肉から血や膿が出ているときは強い口臭がします。
歯周病治療を早期に行うことで軽減します。
2.虫歯 虫歯の穴につまった食べカスによる腐敗臭。
虫歯治療を行うことで軽減します。
3.舌苔 胃腸などのトラブルで、過剰に付着する場合は内科的な治療を行いましょう。
4.唾液異常 唾液分泌量が極端に減る場合は「ドライマウス」の疑いもあります。

内科系の病気で口臭を伴うことがあるものは
  • 慢性胃炎や胃のただれ(くさいゲップが出ることが多い)
  • 呼吸器系(気管支カタル)の病気や耳鼻咽喉科系の病気(蓄膿症・アデノイド等)
  • 糖尿病・肝臓病・腎不全・白血病・ガン
などがあげられます。

口臭予防と口臭治療

口腔内原発のにおいはほとんどの場合口腔に生息する細菌が原因となっています。 これらの細菌を排除するために、当院で行っていることは次のような流れです。

口臭治療の流れ

①強固に沈着したデンタルプラークを機械的に除去

↓

②抗菌性の洗口液で洗浄

↓

口臭予防のためのホームケアについてのアドバイス

ホームケアについては患者さんごとに口腔内の状態も生活習慣も異なりますのでオリジナルプログラムをつくり、無理なく続けていただける毎日の口腔ケアの方法をアドバイスさせて頂いています。 また、定期的に来院していただき口腔内のチェックとホームケアの見直しは、随時行っております。

ご予約・お問合せ

▼ご予約やお問合せは、お電話にて承ります。

TEL:092-807-2588

TEL:092-807-2588



  • このエントリーをはてなブックマークに追加