くれたけ歯科医院Blog
| マスクと口呼吸

マスクと口呼吸

(2020年6月25日 9:42 AM更新)


マスクをつける時間が長くなり、口呼吸になりがちです。唾液には、数々の有効な働きがあり、口呼吸で唾液が減ると口臭、感染症、虫歯、誤嚥リスクが増え、味覚機能が低下する事で過食になり、生活習慣病のリスクも上がります。マスクは、つけないわけにはいかないしリスク回避もしないといけないしーー。まず、意識して唾液をだしてみましょう。唾液腺のマッサージ!?取り急ぎ、梅干しやレモンを思い浮かべて、唾液をたえず感じてみては?簡単な事、意識してみることが大切だと思います。


前へ:«
次へ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Blogメニュー


アーカイブ

▶Blogトップへ戻る