くれたけ歯科医院Blog

歯科と整体のコラボ

(2019年2月19日 3:45 PM更新)


腱鞘炎でひらかなかった親指がひらきましたー!食いしばりで肩、背中がガッチガチの患者さんの肩と背中の強張りをほぐしていると〜アラッ不思議!!ひらかないとあきらめて数ヶ月の親指が、じわじわひろがりました。肩から首から背中からの影響が親指に!今夜から両手でシャンプーができると喜ばれ、ルンルンで帰って行かれました。


 >>Blogメニューへ


歯科医院で膝痛が解消⁉︎

(2019年2月16日 8:57 AM更新)


頭痛、腰痛、膝痛と歯の噛み合わせには密接な関係があると知りつつ、歯医者になるために受けた教育では、学ばなかった身体の事を追求すればするほど、口の中だけ診ていても解決しないことがいっぱい‼︎身体の歪み、歯の噛み合わせどっちから診る?どっちも一緒に診る!歯科と整体のひとりコラボの学びを深めるために、昨日は広島まで〜^_^いっぱい学べてお腹いっぱいです。


 >>Blogメニューへ


顎関節症は、治る‼︎

(2019年1月30日 12:51 PM更新)


「顎関節症って何処に行ったら治してくれるんですか?」虫歯治療で来院された患者さんの言葉に、「えっ?歯科医院で治療しますよ」と言うと、何軒か歯科医院を受診して良くならなかったそうです。顎関節症を治せる歯科医院は、初めてですと、驚かれた患者さんの言葉!くれたけ歯科医院では、歯を削らず顎関節症の治療を受けていただけます。


 >>Blogメニューへ


歯科と整体のコラボ

(2018年12月27日 7:53 PM更新)


ほうれい線やマリオネットラインの改善にもなる舌回し!唾液が出るので口臭予防、ドライマウス予防になります。舌回しに加え、口のまわりの筋肉を緩めるとさらに唾液が出ます。今日は咬筋のコリ
を緩めました。いた〜!コリの程度で、激痛も⁉︎激痛にちょっとだけ耐えたら後は軽〜い^_^地獄から天国って⁉︎それは、言い過ぎです‼︎


 >>Blogメニューへ


歯科と整体のコラボ

(2018年12月15日 12:12 AM更新)


あごが右にも左にも動かせない!?本当に動かせないって?数ミリがやっと。口も開けてるつもりで、ミシミシって音が鳴る!?「もう何年もこんな感じで、痛みは、全くありません。」って。「ただ気になるのは、首のはり感と頭痛が時々あります」って。顔の筋肉ゆるめたら、顎の動きがかなりスムーズになり、首も頭もすっきり!頭の重い原因が顎まわりの筋肉のコリ〜?頭スッキリ、大感激されました。


 >>Blogメニューへ


歯科と整体のコラボ

(2018年12月8日 11:51 PM更新)


顎関節症の原因の1つに咀嚼不足がある!?咀嚼するための筋肉が硬くて動きが悪い!!硬い筋肉は、ほぐさねばー。
「そしゃく筋を緩めると身体全体が緩んだ感じです!」喜ばれる患者さんに宿題です。「噛む回数カウントして、まずは30回から〜ね」30回、最近の食事の傾向では、かなりハードル高そうですが〜。トライしてみて下さい!


 >>Blogメニューへ


歯科と整体のコラボ

(2018年12月6日 1:17 PM更新)


顎関節症の治療法、ホントいろいろあります。原因もさまざま、今日は、そしゃく筋の硬さチェックして、2ヶ所筋肉を緩めると、顎がゆるーーくなりました。今回緩めた筋肉は、表面から触りにくい筋肉で、ある角度ある動きで簡単に緩める事ができます。さぁーセルフケア、覚えていただきましょう^_^


 >>Blogメニューへ


歯科と整体のコラボ

(2018年11月26日 8:44 PM更新)


歯のくいしばりで肩まわりガチガチの患者さんに、股関節の動きチェックし、足の筋肉の圧痛チェック。股関節調整やったら〜身体が今にも浮きそうな感じ、筋肉、筋膜のつながりを感じますネ。肩まわり緩めて、歯のくいしばりも緩和されるでしょう。


 >>Blogメニューへ


歯科と整体のコラボ

(2018年11月24日 3:23 PM更新)


顎関節症の患者さん、パソコンやスマートフォンを使うためいつも長い時間前傾姿勢をされているようです。ソファーにもたれかかり腹筋使わず、たるんだ姿勢。食事をするときも〜。顎関節症状が軽くなっても日常の姿勢を改善されないと、また症状は戻ってしまう!?姿勢を意識する日常生活を続けると、心身ともにリフレッシュできる!キーワードは、呼吸、母指球‼︎です。


 >>Blogメニューへ


歯科と整体のコラボ

(2018年11月17日 7:34 AM更新)


歯ぎしり、くいしばりで歯がかけたり、われたり。筋肉を使いすぎることで頭痛や肩こり。歯周組織に負担がかかり、歯周病が悪化。関節や筋肉を傷めるために顎関節症を引き起こすことも。改善策として「歯を離す」と書いた貼り紙を10枚程度準備して、気がつけば歯を離す!この貼り紙法が今のところ最良とされていますが、くれたけ歯科では、プラスセルフケアをお伝えしています!うれしいことに、プラスセルフケアで改善率かなりアップしてます。


 >>Blogメニューへ


1 / 137123...10...最後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Blogメニュー


アーカイブ

▶Blogトップへ戻る