くれたけ歯科医院Blog

顎関節症だったんですかぁー!?

(2022年9月13日 7:15 PM更新)


89歳のお元気な患者さん、右の耳の前あたりを押さえると痛みあり、口を大きく開けれない。「何かむずかしい病気でしょうか?」心配顔の娘さん。5分くらい口の開閉筋を緩めました。「顔の右半分がすうーっと軽くなりました!」口が軽くなったと笑顔の患者さんの病名は、顎関節症❗️ありがとうございますと深々と何度も頭を下げて帰っていかれました。歯を削るだけが歯医者の仕事じゃないんです。


 >>Blogメニューへ


食いしばりしてるみたいです!

(2022年9月12日 10:49 AM更新)


舌の圧痕もひどく、食いしばり傾向にあった患者さん、明け方食いしばりで目が覚めたそうです。お口の中から外から、身体の簡単な緩め方を説明しました。「治るんでしょうか?」
不安顔で帰っていかれましたが、1週間してからの来院でしたが、「食いしばりが少なくなってるみたい」と笑顔デス。真面目な患者さん、継続が決め手ですね!


 >>Blogメニューへ


口臭予防に舌まわし!

(2022年9月7日 1:33 PM更新)


マスク生活で気になる口臭ですが、口臭予防の舌回しもマスクの中だといつでもできますね。唇閉じて舌で歯茎の周りをたどると、ジュワーっと唾液が分泌され口の中が潤います。目安は、左右20回ずつぐらいです!口周りの筋肉を鍛えるパタカラ体操もおすすめです!


 >>Blogメニューへ


歯周病の治療、予防で認知症対策になる!?

(2022年8月30日 1:04 PM更新)


歯周病菌が体内に入ると認知症の原因物質が作られ、脳に蓄積することが、研究データで解明されています。歯科の治療が認知症対策の一つだと考えられています。歯周病菌の事だけで歯がなければ、認知症にならない?と考えないでくださいね。歯がないと咀嚼する力が衰え、脳への刺激が減り、海馬や前頭前野における認知機能が低下するとも言われています。


 >>Blogメニューへ


誤嚥予防に「パ•タ•カ•ラ」

(2022年8月29日 9:42 AM更新)


パは、食べこぼし予防
タは、食べ物を押しつぶす力をつけ
カは、食道に物を運ぶ力をつけ
ラは、口の中で物をまとめる力をつけるのに効果ありといわれています。それぞれ舌や頬を使う部分が違うので「パタカラ」を繰り返し言うことが誤嚥予防につながるので、一日最低3回を続けましょう!


 >>Blogメニューへ


顎関節症、口が開きにくい患者さん

(2022年8月26日 3:38 PM更新)


転々と病院を回られたようです。
少し顎の位置を正しい位置に誘導し、こわばっていた筋肉を緩ませると即効口が開きやすくなりました。「治らないと思っていました」喜んで帰っていかれました。


 >>Blogメニューへ


歯周病の原因のプラークって食べかす?

( 3:31 PM更新)


プラークは歯の表面に口の中の細菌が付着し増殖した細菌のかたまりです。プラークに唾液成分がまざり硬く石のようになります。これが歯石で、表面が凸凹なので、さらにプラークが溜まります。硬くなった歯石は、ブラッシングではとれませんので、硬くなる前に丁寧な歯磨きをしましょう。正しい歯磨きのコツは、プロに教えてもらって下さいね。「歯磨き」できているようで、意外に見落としてしまっている部分がありますから。


 >>Blogメニューへ


口腔ケアは、歯磨きプラス舌磨き!

(2022年8月9日 2:51 PM更新)


口腔ケアは、新型コロナウィルス感染に対する防御壁を高め、重症化を防ぐと言われています。自分自身を守り、唾液中のウイルス量を減らすことで、飛沫感染を抑えることができ、人への感染も防ぐことができます。朝起きたらまず、舌磨きを!


 >>Blogメニューへ


かかと落としで骨粗鬆症予防に効果あり!?

(2022年8月8日 3:01 PM更新)


歯の土台になる骨は、絶えず活発に新陳代謝を行なっています。丈夫な骨を保つためには、古い骨を壊し、絶えず新しい骨に作り変える必要があります。骨粗鬆症にならないように、まだ骨が元気なうちからかかと落としで骨を鍛えましょう。かかと落としで足首のゆがみを正すと肩、腰、膝の痛みが軽減され、耳鳴りや頭痛、顎関節症にも効果ありとのデータもあり、くれたけ歯科医院では、私を含め5人が毎日30回のかかと落としに挑戦中です。この夏、家の中でできるかかと落とし続けます!!


 >>Blogメニューへ


新型コロナ感染予防策 歯医者の提案

(2022年8月6日 11:43 AM更新)


口の中のケアで口の中の健康状態を健全に保つことがウィルスの予防に効果あり!口の中の細菌がもつたんぱく質を分解する酵素が多いと細胞内へウィルスの侵入を許してしまいます。起床後すぐに丁寧に歯磨きをし、舌の汚れも取るとしっかり唾液が出て、細菌が洗い流されます。感染が起こりにくい口の中で1日を過ごすことをお勧めします。


 >>Blogメニューへ


1 / 147123...10...最後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Blogメニュー


アーカイブ

▶Blogトップへ戻る