くれたけ歯科医院Blog

高周波治療で痛みが和らいだ!?

(2007年9月16日 11:41 PM更新)


くれたけ歯科では 主に知覚過敏症の処置や口内炎 顎関節症や
歯周病 その他さまざまな症例で利用していますが、
特に痛みのある症例に対して
除痛、鎮静効果が高く歯科治療の力強い助っ人 として活躍しています。
照射後即痛みが軽減する力は
歯科領域外でもかなりすごいらしいと聞いていましたが、
昨日母が出先で足の筋を痛めたらしく
「私はもう歩けない」半べそ状態で電話をしてきました。
何とかしなきゃー!昼休みに母を迎えに行き高周波をあてること数分。
ナッナッなんと、「痛みなくなったー歩けるかもー」って。
よかったー!高周波ばんざい。
こりゃーすごい。
更に幅広く日々の診療に役立てていこうと思います。
高周波治療器のコスモくん、
診療室の中で胸張ってるように見えるのは気のせいですかねー?


 >>Blogメニューへ


レーザー治療で口内炎が治りますか?

(2007年9月15日 4:16 AM更新)


妊婦さんです。
口内炎が頻繁にできるのでこれまで
いろいろ病院をかえて塗り薬やうがい薬ももらって使ってみたけど
なかなか治らず 一ヶ月近く痛みに耐えたこともあると言うことでした。
つわりのため 歯磨きも十分できないようです。
顕微鏡で口の中の細菌を調べて 原因として考えられることを説明しました。
「お口の中をきれいにして 口内炎にレーザーをあてますね」
ピッピッピ 初めてのレーザー治療にかなり緊張されていましたが
終わってペロって舐めて「あれ?痛くない」キョトンっとした様子。
「かなり大きな口内炎です。
あと2回くらいはレーザーをあてた方がいいですよ」
「はい絶対来ます!」
二十歳で一人目出産、三人目の予定日は来年五月。
とっても若々しくてかわいいヤングママさんでした。
妊婦さんの口腔ケアは 個人差があります。
一緒にがんばりましょうね。


 >>Blogメニューへ


徹子の部屋が突然特番に !

(2007年9月13日 1:11 AM更新)


まさか突然 安倍総理辞任の特番に代わるとはー
朝からブレスクラブを使ってる患者さんや
若さに憧れるご婦人達に番組の紹介でもりあがったのですが
10月5日に延期ですー。
たのしい事は先延ばしです。


 >>Blogメニューへ


宝田先生が徹子の部屋に

(2007年9月11日 4:10 PM更新)


明日12日水曜お昼の徹子の部屋に 宝田先生が出演されます。
宝田先生の開発されたブレスクラブやアロママッサージオイルは
くれたけ歯科の日々の診療や患者さんの
セルフケアーに無くてはならないものになっています。
「明日徹子の部屋みて下さいね」って声かけしたら
ブレスクラブを使い始めて歯茎の調子がとてもよくなった事を
実感されてる I さんは
「はい見ますよ。嫁さんがどっかで買ってきた歯磨き粉じゃつまらんバイ」って。
「歯茎の色は桜貝の20代ですね
ブレスクラブで歯茎マッサージを続けられてるからですねー」
とスタッフが言うと「口だけ20代じゃーつまらんバイ」と言いつつ
満面の笑み。
70代後半のご婦人ですがまだまだお若い I さんの歯茎の色に感動です。


 >>Blogメニューへ


歯周病菌に狙われてる!

(2007年9月10日 12:20 AM更新)




40代女性は女性ホルモンが大好物という歯周病菌がいるので
かなり歯周病が発生しやすい。
更年期突入直前の女性は特にルモンのバランスが
くずれるためかなり用心が必要です。
「11月号40代からもっときれい」という雑誌に
歯周病予防のポイントがわかりやすく書いています。
宝田先生おすすめセルフケアグッズとして掲載されている
「こだわり歯ブラシ 薬用ブレスクラブ アロマ歯肉マッサージオイル」は
くれたけ歯科の患者さんにも大好評で
効果を実感した根強いファンが急増中です。


 >>Blogメニューへ


知って助かる歯の応急処置 ! ?

(2007年9月7日 1:18 PM更新)


「こんなことなら もっと早く歯医者に行けばよかった」って
幾度耳にした言葉でしょう。
虫歯の穴に正露丸をつめたら 痛みが和らいだとか
歯茎が腫れた時、氷を口に入れていたら楽になったとか
手の親指と人差し指の付け根に歯のツボがあり、
そこを強く押さえることで痛みを和らげることができる等
民間療法 ? は山のようにありますが、
どれもこれもその場しのぎです。
鎮静剤も一時的に効果がありますが
使用限度を越えて服用すると副作用の心配があります。
三年ぶりに来院されたMさんに「痛みが治まっても知らない間に進行して、
今度は更に痛くなるんですよ」って言ったら
「痛くなくても 来ていいんですか?」と真顔で聞かれ
がーーーん !
歯科医院 まだまだ敷居が高いんですね。反省しまーす。


 >>Blogメニューへ


のどがイガイガします

(2007年9月5日 1:23 AM更新)


なんとなくのどがいがらっぽいなーって言うと
内科医の親友は「唾液でゆっくり溶かしながら用いる薬だから
かみ砕いたり呑み込まずに
できるだけ口中に含んで長時間口腔内に有効成分を保つこと」って
説明して袋いっぱいのトローチをくれました。
「ありがとう!」と言いつつ精製白糖や蜂蜜 香料などが
賦形剤としてもちいられている限り
糖質が歯質に影響を与える可能性があることを
説明しておかないと気がすまない歯医者の性。
「そうなんだー、つい薬だからいいかーって甘さに鈍感になってたわ」と
言いながら「まぁー今回だけってことにする?」
内科医と歯科医の会話というより井戸端会議。マッいいかーでいいのかー!?


 >>Blogメニューへ


受動喫煙と乳歯の虫歯

(2007年9月3日 10:53 AM更新)


受動喫煙って言葉聞かれたことありますか?
自分のまわりでタバコを吸う人がいると
そのタバコの煙を吸い込んでしまうと言うことですが
この受動喫煙で乳歯のウ蝕が増えるという研究結果が
米国の雑誌に発表されました。
米国の大学の医学部と歯学部の研究グループが
1994年までにおこなった調査からの結論です。
この研究グループによると
自分の周りに漂うタバコのけむりにさらされなければ
乳歯のウ蝕の4分の1は予防できると推定しています。
いずれにせよ 自分だけのためではなく
家族のためにもノーモアスモークですね。


 >>Blogメニューへ


また口内炎ができました。

(2007年8月28日 12:32 AM更新)


小学生のHちゃんは かなり頻繁に口内炎ができます。
「 レーザーかけてください。」ってお母さんに連れられ来院。
「わぁー痛そう ! 」かなり大きいのが数個。
口内炎は 疲れやストレスが溜まったときや栄養バランスが崩れたとき、
歯の調子、口内の衛生状態が悪いときに起こしやすくなります。
まずはビタミンB2。
口内の粘膜を強くするために、うなぎ、レバー、牛乳、緑黄色野菜を積極的にとりましょう。
「エーッ ! うなぎー レバー?」 お母さんも苦手のようです。
献立に工夫 ! 確かに大切なんですが
Hちゃんの口の中はいつも歯垢べったりで 急いで歯磨きをしてきたような形跡あり。
「ネェ歯磨きするとき歯ブラシが当たって痛いときない ? 」
コクンとうなずいて「きのう ここに歯ブラシがゴーンって当たったよ」って
口内炎の所をさわって一言。「痛かった!」
栄養指導、レシピの提案より必要なことがありました。
それは、ゆっくり丁寧に一本ずつ磨くブラッシング指導とお母さんに仕上げ磨きをお願いすること。
口内の衛生状態がよくなれば口内炎もきっとできにくくなりますよ。
さぁゆっくり歯磨きスタート !


 >>Blogメニューへ


宝田恭子先生来福!

(2007年8月25日 8:31 AM更新)


明日博多で宝田恭子先生の講演会があります。
今夜は 一緒に食事して楽しいおしゃべりをって ずうーっと楽しみにしていたんですが、
どうしても都合がつかず会えません。ごめんなさーーい。
でも、来週の木曜日は東京で会えるので マッいいかー。
女医の会最強メンバー集結です!どんな話が飛び出すか!?


 >>Blogメニューへ


136 / 140先頭...10...135136137...140...最後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Blogメニュー


アーカイブ

▶Blogトップへ戻る