くれたけ歯科医院Blog

チョコレートが大好き

(2007年7月11日 11:46 PM更新)


お父さんお母さんが毎晩頑張って交代で仕上げ磨きをされてるにも関わらず
何故か学校の歯の検診毎回 新たな虫歯が見つかってしまう小学生のえりちゃん。 「また虫歯ですかーー。仕上げ磨き、毎晩してるんですよー」って残念がられるおかーさん。 何がいけないんでしょうか? しっかり夜の歯磨きもフッ素入り歯磨き粉も使ってるのにー。問題点は? 「おやつはどんなものをよく食べますか?」 「チョコが大好きなんです」 「時間を決めて 食べてますか?」 答えは「ノー」でした。チョコレートが大好きな我が子のために やさしいお父さんが 買い物に行くたび チョコレートを買い、 冷蔵庫にいれてるので いつでも好きな時にチョコレートをダラダラ食べていると言うことでした。かわいいえりちゃんの虫歯の原因は ダラダラ食いのチョコ!? むし歯予防のために おやつの時間をきめましよう。「頑固なえりに納得させるのは むずかしい」って弱音はいてる場合じゃないですよ。おやつのルールを親子で話し合って 決めてください。チョコがダメじゃなくて チョコをダラダラ食べるのがいけないんですよ。


 >>Blogメニューへ


削らずに歯を白くする

(2007年7月9日 10:15 AM更新)


歯を白くする歯のホワイトニングというものが こんなに簡単にできるようになるとは!?白い歯の火付け役?の ヨン様や新庄選手の歯の白さは「白すぎなんじゃーない?」という声も確かにありましたが、 なぜか清潔感漂うあの歯の白さに世間の目が集まったのは、否めない事実です。 歯が白くなると 誰かに見せたくなるので自然と笑顔でニカッ! 「鏡で自分の口元を見るのがいやだったけどずうーっと眺めていたいわ」と少女のような笑みを浮かべられる患者さんは70歳のご婦人。 前歯の治療中 何度も「前歯は白くなくちゃー」と言われる患者さんは81歳のおじいちゃん(ご自分ではおじいちゃんとは思われていませんが) 歯を白くするのに年齢制限はありません。 簡単 簡単 白い歯を手に入れるのは簡単なのです。昨日、歯の漂白(ホワイトニング)のセミナーに行ってきました。 削らずに白い歯を!東京に比べると福岡はまだまだ知られてません。福岡でも西区のこの地域に白い歯ブームを起こそうかしら〜と思います。


 >>Blogメニューへ


子供の歯並び相談

(2007年7月7日 1:31 AM更新)


近頃ますます、子供の歯並びの相談が増えましたー。 軟らかい食べ物が多く、よく噛まないためかあごの発育が悪いので歯が並びきらない傾向が見られます。息子の歯並びをどうしても歯を抜かずに治したいと思い 何年も非抜歯の矯正治療法を勉強し、鈴木設矢先生の「抜かない歯医者さんの床矯正」に出会いました。 小学校の低学年から矯正治療を始めた息子もすでに大学生です。歯医者として母親として息子の床矯正治療は従来の針金だけの矯正に比べるとかなりストレスがかからない治療だったと感じます。 息子の治療を始める前は診療所で治療をする歯医者としての見方だけでしたが、母親として食事や歯磨きの場面で直接関わり 従来の矯正治療の期間が長くなることが日常の生活にかなり負担を強いることになると痛感しました。 できるだけ発育途上の子供たちに負担の少ない治療をしてあげたいという気持ちで 日々の診療を続けていますが、 矯正治療は、早めの診断治療をすることで 抜かなくてすむ治療が可能になります。まだ早いと先送りにせず 歯並びのトラブルは早めに 相談してください。


 >>Blogメニューへ


歯茎が腫れる

(2007年7月5日 11:24 AM更新)


「ちょっと 歯肉が腫れてるけど 痛くないので大丈夫」と思ってる人は要注意です。 歯茎が傷むと 最終的に 歯自体を失うことにもなりかねません。 くれたけ歯科では、宝田恭子先生の年を取らないブラッシングや歯茎マッサージを日々の習慣として頂けるように 個別に指導させて頂いています。 宝田恭子先生のアロマオイルを指先につけてマッサージすると歯茎は より引き締まります。歯茎マッサージを習慣にされている78歳の患者さんの歯肉の色は 桜貝のようなピンク色です。 23歳のスタッフは「完敗です」ってポツリ。歯茎年齢は メークでごまかせないのでしっかりお手入れしましょう。


 >>Blogメニューへ



ホワイトニングって

( 12:01 AM更新)


歯を白くすることがこんなに人の気持ちを明るくするものなのか!? 「歯の漂白は、想像以上に簡単にできるんですね」ってニカッて笑った口元。 予想以上の成果に大満足! 白い歯で、気持ち明るくハッピィハッピィ。 歯の美白月間! くれたけ歯科では、白い歯のためにホワイトニング半額キャンペーンをすることにしましたよ。白い歯で心ウキウキしてみませんか?


 >>Blogメニューへ


歯磨きを初めて習いました

(2007年6月30日 1:48 AM更新)


初診の方ですが「何年も痛みを我慢していました。」 歯科医院に行かずにすめばと考えて、一日延ばしにしていましたが、 奥様に促され、今日来ることを決め、朝からソワソワ。 何がって口を開けるのも恐いという事。
歯磨きのやり方を熱心に聞きながら 「こんな講義は初めてです」と驚かれました。 「口の中がすっきりしました!自分でもやってみます」一回の歯磨きとマッサージで 口の中がすっきり引き締まった感じになる事に感動されたようです。「何回でも 言われた日に来ます」と言って帰って行かれました。 六十歳から第二の人生を歩みだし 振り返って後悔することと言えば 歯の事を後回しにしていたこと。これからは最優先にしますと言われた患者さんの言葉に 背筋がピーーンとのびる気がしました。 思い切って受診してホンとによかったと感じて頂けるよう頑張りたいです。
歯科医院のイメージ、まだまだ悪いですねー改善の余地ありあり大ありです。癒しの空間めざして更なる努力が必要だと 改めて実感しました。


 >>Blogメニューへ


歯の治療は十年ぶり

(2007年6月28日 12:40 AM更新)


「なかなか忙しくて
歯の治療に通えなかった」。って でも、話をするうちに 実は「来るのが恐かった」って。 歯科医院は入りにくいとか痛いとか恐いイメージが定着していますね。 「 散髪屋と歯科医院は、馴れたとこでなきゃー」って、二時間もかけて来ていただいています。 夏休みには、遠く大阪、神奈川から里帰りを兼ねた歯の治療に行きますと連絡を頂きました。 こんなにたくさん歯科医院があるのに くれたけ歯科に来てくださる患者さんに心の底から感謝です。 久しぶりに診療所に来た息子に「歯科医院でバカ笑いしてていいの?」って言われました。 定期検診で来られた患者さんとは、つい話がはずみ笑いっぱなし。
息子に「変かなー?」って聞くと「少なくとも僕がいく耳鼻科じゃーだれも笑ってないよ」って。 「いいじゃないの、痛くない歯医者、次の来院日を心待ちにしたくなる歯科医院は、おかーさんの理想なんだから」 「いいなー笑ってばかりでー」って息子がポツリ。 患者さんにもスタッフにも恵まれ 私は、とても 幸せですね。


 >>Blogメニューへ


次のスマイルセミナー秋です

(2007年6月25日 7:49 PM更新)



お互い歯科従事者としてステップアップすることを目標に始まったスマイルセミナーです。安全でしかも継続して使えるアロママッサージオイルやブレスクラブを日々の診療で使い、患者さんの日々のケアに取り入れて頂けるのは、宝田先生が大学の微生物教室で安全性を検証するために努力されたおかげです。ホンと、いつも東京からわざわざ福岡まで講演のために来ていただき感謝しています。スマイルセミナーを続けていける幸せに感謝して乾杯!乾杯!乾杯!いったい乾杯何回したっけ?いつもながら楽しく盛り上がった福岡の夜でした。


 >>Blogメニューへ


歯磨き実習

(2007年6月24日 10:51 AM更新)



明日からの診療にいかしたい!歯医者もスタッフも一生懸命です。患者さんに喜んで頂きたいって。若い衛生士さんの言葉にグッときますね。宝田先生のゴッドハンドを体感してもらってま〜す。


 >>Blogメニューへ


138 / 140先頭...10...137138139...最後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Blogメニュー


アーカイブ

▶Blogトップへ戻る